張碓から忍路へ | RED Photo Gallery

1/6

張碓から忍路へ

¥4,950 tax included

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

佐藤 圭司 Keiji Sato 写真集
張碓から忍路へ
   
英題      COLD TOWN Hariusu\Oshoro
サイズ     W297mm x H220mm
ページ数    写真84点
製本方法    ハードカバー(スイス装)
制作      TokyoLightroom
編集・デザイン 小松透
英語翻訳    ハワード・ワイツマン
印刷・製本   株式会社イニュニック
ISBN      978-4-905360-28-5
エディション  100部

忍路湾沿いの国道5号線は2018年3月17日に閉鎖され、積もった雪だけがただ静かにその道を覆っていた。
冬の張碓(はりうす)は、それは厳しくて海鳴りが聞こえてくる。お腹の底に響いてくる海鳴り。その海鳴りが聞こえてくる海岸線に誘われるように、小樽を超えて忍路(おしょろ)という場所にたどり着いた。「忍路」はアイヌ語の「オショロ・コッ」、お尻のような窪みという意味だそうだ。かつて鰊漁で栄えたこの地域、しかし今はそれも廃れ冬の町は凍りつき、ただ海鳴りが聞こえてくるだけだ。その地に魅せられ冬の間、毎月飛行機に乗り通い続けた。そんなあるとき、忍路湾沿いを走る国道5号線が廃止になることを知った。国交省のサイトで調べると、落石事故が後を絶たないため新たにトンネルを掘り海沿いの道は廃線にする計画だった。忍路湾沿いの国道5号線を走る路線バスに乗りながら、この美しい海が見える車窓ももう見られなくなるが残念だった。2018年3月17日、忍路湾沿いの国道5号線は廃止となりトンネルの新ルートに変わってしまった。私は廃線の1週間後にこの目でその事実を確認した。現場ではまだ工事の人が行き来しており、道路を閉鎖する作業を続けていた。再び冬が来て、閉鎖された道に雪が降り積もり、誰も通ることが無くなったその道を遠くから眺めた。

プロフィール
佐藤 圭司 Keiji Sato
千葉県出身。写真家。夜の写真学校 第4期修了。
RED Photo Gallery の設立、運営に参加。メンバー。
2001年より各所にて40回以上の個展を開催。
HP: https://kbox.jp

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥4,950 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品